『日本思想史学』バックナンバー第6〜10号

創刊〜5号 | 11〜15号
第10号(昭和53年発行)
論文
中世初期神道の形成――『中臣秡訓解』・『記解』を中心に―― 岡田 荘司
親鸞の他力思想 二宮 嘉須彦
道元における坐禅の意義について 倉沢 幸久
『仮名性理』の成立に関する一試論――『滝川心学論』を媒介として―― 山本 眞功
徂徠学における「道」の様態 黒住 眞
植村正久と金森通倫――「新神学」問題を中心に―― 田代 和久
昭和五十一年度日本思想史関係研究文献要目
第9号(昭和52年発行)
論文
梅園と張載 柳沢 南
徂徠における「天」と「作為」 小島 康敬
佐久間象山の物理と倫理――幕末における朱子学体系の崩壊―― 小池 喜明
攘夷諭の成立と論理――『新論』について―― 露口 卓也
道元における叢林教育の二面性――仏の教育と菩薩の教育―― 加藤 健一
日蓮の後期の思想――王法と仏法との関係を中心として―― 佐藤 弘夫
昭和五十年度日本思想史関係研究文献要目
第8号(昭和51年発行)
論文
南北朝期の公家の政治思想の一側面――北畠親房・二条良基における儒教的徳治論への対応をめぐって―― 玉懸 博之
『池亭記』から『極楽記』へ――慶滋保胤の軌跡―― 渡部 治
宣長学に於ける歌学思想の一考察 名倉 正博
山梨県自由民権運動と小林正則 清水 威
哀感の構造――国木田独歩における感情のあり方―― 竹内 整一
昭和四十九年度日本思想史関係研究文献要目
第7号(昭和50年発行)
論文
富士谷御杖の思想についての一考察 鈴木 暎一
陰陽五行思想の日本的受容の一考察 松島 隆裕
秀逸と花――二条良基と世阿弥の関連―― 新川 哲雄
吉田松陰の歴史意識――水戸学との関連において―― 露口 卓也
昭和四十八年度日本思想史関係研究文献要目
第6号(昭和49年発行)
論文 日本思想史の方法
津田博士の思想史における「人」の問題 栗田 直躬
村岡典嗣教授における思想史の方法――特に価値観と歴史叙述の関連について―― 梅沢 伊勢三
和辻哲郎の日本思想史研究――方法とそのエートス―― 湯浅 泰雄
昭和四十七年度日本思想史関係研究文献要目
日本思想史学会ホームページトップへ