『日本思想史学』web公開についてのおしらせ 2018年12月7日

『日本思想史学』電子リポジトリ拡充に際しての公開許諾について

現在、本学会では、『日本思想史学』における成果の電子リポジトリ化を推進しております。

2018年度大会に際して行われた評議委員会では、公開の方針や、著作物の公開許諾確認の方法、公開の日程が審議され、その内容について総会で承認を得ることができました。

こちらの内容につきまして、下記の通りご案内差し上げます。


1. 公開
 (1) 『日本思想史学』掲載の現会員が作成したすべての記事は2019年4月1日に原則公開します
 (2) 投稿論文(以下論文)に関しては、現会員・非会員にかかわらず、すべて公開します
 (3) 希望する場合は、除外の申し立て(オプトアウト)によって非公開とすることができます
  (ただし、本学会に著作権が帰属する35号以降の論文は、オプトアウトの対象外です)
 (4) 記事の公開は、本学会webサイト(http://ajih.jp)内において行います

2. 非公開の希望
 (1) 非公開を希望する場合は、学会webサイトから申し込むことができます
 (2) 一括公開からの除外希望の締め切りは、2019年3月15日とします
 (3) 一括公開後も非公開申請は可能ですが、一定の期間を要します

3. 公開許諾の対象
 (1) 今回のオプトアウト方式の対象者は、現会員に限り、退会者や非会員は含まれません
 (2) オプトアウト方式の対象記事は、論文以外のすべての記事を含みます

4. 補足
 (1) パネルセッションの記事については、当該パネルセッションのオーガナイザーに、諾否の取りまとめをお願いいたします
 (2) 34号以前の論文に関しては、既に公開許諾を頂戴しておりますが(『ニューズレター』第20号)、希望される場合はオプトアウトすることが可能です
 (3) 論文以外の記事のうち、退会者・非会員の執筆によるものについては、別途公示期間を設けて2020年4月に公開する予定です

(以上)

オプトアウト申し込みについて

現会員の方で、オプトアウトの申し込みを希望する方は、

◆オプトアウト申込書(word文書:17KB)

に、必要事項を記入の上、学会誌リポジトリ係までご連絡下さい。

なお、掲載記事の詳細につきましては、「1号(1969年)から49号(2017年)までの記事リスト」をご参照のうえ、ご確認下さいますようお願い申し上げます。

〒980-8576 宮城県 仙台市 青葉区 川内27-1  

東北大学大学院文学研究科 日本思想史研究室内

『日本思想史学』リポジトリ係

E-mail:

日本思想史学会ホームページトップへ