会員研究業績(2011年)

2010年 | 目次 | 2012年
                                                                      
著者 表題(『』は単行書) 掲載誌/発行元 刊行月
李 芝映 元禄期における「日用」言説の浮上――浅見絅斎の伊藤仁斎批判―― 『日本思想史学』第43号/日本思想史学会 9月
大川 真 消失しない霊魂―江戸精神史の一側面― 『季刊日本思想史』76号/ぺりかん社 12月
震災後のいま再び環境を問い直す―J・ベアード・キャリコット『地球の洞察』に寄せて― 『米沢史学』27号 10月
大山 眞一 平安貴族と民衆の死生観―摂関期の浄土信仰をめぐって― 『日本大学大学院総合社会情報研究科紀要』第11号/日本大学大学院総合社会情報研究科 2月
草葉秀昭 渡辺寛著『斎宮・斎内親王・斎宮寮ーその成立と展開』(皇學館大学講演叢書第129輯) 『神社新報』第3092号/神社新報社 10月
クラウタウ、オリオン 〈新刊紹介〉小川原正道編『近代日本の仏教者――アジア体験と思想の変容』 『近代仏教』第18号/日本近代仏教史研究会 5月
“Tanigawa Yutaka. Meiji Zenki no kyōiku, kyōka, bukkyō” (book review) Japanese Journal of Religious Studies, 38/1/Nanzan Institute for Religion and Culture 6月
“(Re)inventing ‘Japanese Buddhism’: Sectarian Reconfiguration and Historical Writing in Meiji Japan” The Eastern Buddhist (new series), 42/1/The Eastern Buddhist Society 12月
川久保 剛 小・中・高校時代の福田恆存――新資料を用いて 『麗澤学際ジャーナル』第19巻第1号/麗澤大学 3月
草葉 秀昭 ウサギ管見 『神社新報』第3053号/神社新報社 1月
栗原 茂幸 丸山眞男と高校教科書 江北『紀要』第5号/東京都立江北高等学校 3月
佐久間 正 蔡温の思想――琉球王国における儒教と風水―― 『日本思想史学』第43号/日本思想史学会 9月
柴田 真希都 「ロマ書」八章の自然観の受容と展開――内村鑑三とその後継者における自然の境位―― 『日本思想史学』第43号/日本思想史学会 9月
清水 則夫 闇斎学派研究の諸問題 『日本思想史学』第43号/日本思想史学会 9月
白山 芳太郎 日本型シンクレティズムの一考察 『宗教研究』第84巻第4輯/日本宗教学会 3月
神道と日本人の信仰 『皇学館大学紀要』第49号/皇学館大学 3月
Justice from the Shinto Perspective INTERNATIONAL SYMPOSIUM OF JUSTICE FROM MULTIPLE RELIGIOUS PERSPECTIVES/Shandong University 9月
曽根原 理 徳川将軍家の草創神話 『季刊東北学』27号 4月
東照宮創建と日光山−薬師仏をめぐって−菅原信海・田・モ三郎助編『日光−その歴史と宗教』/春秋社10月
徳川家康の年忌儀礼と近世社会−二つの百回忌行事からの考察−『季刊日本思想史』78号12月
土田 健次郎 『儒教入門』 東京大学出版会 12月
冨樫 進 奈良時代後半期における儒仏一致観形成――法進『沙弥十戒并威儀経疏』を画期として―― 山口敦史編『聖典と注釈――仏典注釈から見る古代――(古代文学会叢書W』(武蔵野書院) 11月
西塚 俊太 人間の学としての「科学技術の倫理学」(第2章)
科学技術と対話の「技術」(第2コラム)
勢力尚雅編著『科学技術の倫理学』/梓出版社 3月
西村 玲 近世仏教におけるキリシタン批判――雪窓宗崔を中心に―― 『日本思想史学』第43号/日本思想史学会 9月
尾留川 方孝 平安時代における穢れ観念の多元性 『日本思想史学』第43号/日本思想史学会 9月
『栄花物語』に描かれた貴族的浄土信仰とその基底ー唯心思想に基づく呪術的念仏観・死体尊重・現世中心主義ー 中央大学文学部『紀要』第242号(哲学54号) 3月
律令国家的祭祀とは神と人のどのような形態の関係かー唐の祭祀との比較からみる古代日本の律令的祭祀の特徴ー 日本倫理学会『倫理学年報』第61集 3月
ファン・ステーンパール・ニールス 近世中期における孝子顕彰の思想構造とその意義――『孝婦鳴盛編』を中心に―― 『日本思想史学』第43号/日本思想史学会 9月
室井 康成 柳田国男と「事大主義」―同時代の言説空間における意味の特質 『国立歴史民俗博物館研究報告』第165集/国立歴史民俗博物館 3月
異名・事件・城主の系譜・創意からみた名城−浜松城・佐賀城・犬山城・高槻城 『歴史読本』第56巻5号/新人物往来社 5月
森 新之介 法然房源空の思想形成過程――その凡夫意識と自行志向について―― 『日本思想史研究』第43号/東北大学日本思想史研究室 3月
守屋 友江 奥山直司・雲藤等・神田英昭編『南方熊楠書翰―高山寺蔵 土宜法龍宛1893-1922』 『佛教史学研究』第53巻第2号/佛教史学会 3月
ケネス・タナカ著『アメリカ仏教―仏教も変わる、アメリカも変わる』 『近代仏教』第18号/日本近代仏教史研究会 5月
山本 伸裕 『精神主義は誰の思想か』 法蔵館 6月